骨が育つ傾向が大きい年頃はいつ?

骨が育ちやすい年頃がわかれば、背を効率良く高くするための助けとなることができます。

 

骨が最も育つ年頃は骨年齢に関連があって、骨年齢は骨の成長により、骨の年頃がいくつくらいなのかを表現したものです。

 

骨年齢をきちんと認識するのに有効なのはレントゲン撮影で、レントゲンを使うことにより、手の内側の骨がいくつあるかを確かめます。

 

手の内側の根本にある骨は大人であれば10コあります。
しかし子供であれば、この手の内側の骨の本数が少ないのです。

 

このことをうまく使い、レントゲン撮影で骨がどうなっているかを調べて、その時の骨年齢はどのくらいかをつかむのです。

 

男性女性とも背が高くなる度合いが目に見えてわかる成長時期は、10〜15才前後とされています。しかし、だいたいの基準はありますが、言うまでもなく人により育つ早さはまるで異なります

 

成長期とされる時期とはかけ離れて背が高くなる場合もあるし、成長期が始まる以前から背が高くなる場合もあり、それは人それぞれです。

 

以上に述べたようなことは、骨年齢と密接に関わっているので、実際の年齢と精神年齢が必ずしも同じとは限らないように、骨年齢と実際の年齢も同じようになるとは限らないため、このようなことが発生したります。

 

骨年齢と実際の年齢が噛み合わないことはよくあることで、実際の年齢が11歳であったとしても、骨年齢が8歳や9歳の可能性もあり得ないことではありません。

 

実際の年齢が11歳で、骨年齢が9歳だと、実際の年齢と比較して骨の育ちが2年ほど追い付いていないということで、そのような状態であれば成長期であっても理想の背の高さにならない!ということもあり得ます。

 

以上述べてきたように、背が大きくなる期間を理解するためには、骨が育つ期間をきちんと見極める必要があり、それを判断するためには成長期だからだいたいこれくらいという大雑把な考えではなく、骨年齢を明らかにしておく必要があります。

 

お子さんの骨年齢は親であってもわかるものではないので、小児科や整形外科などで、骨年齢を確認するのもお子さんがどれくらい育っているかを分かるためにもとても良い方法です。

 

実際の年齢が成長期が終わった後だとしても、骨年齢でまだ伸びる可能性があります。正確な方法をとることによって、骨が育つ見込みは充分にあるので、骨年齢がわかれば、明るい見通しもでてきますね!

 

小児科などで骨年齢を確かめるには、これといって大変なこともなくて、レントゲン撮影で手軽に骨がどうなっているかを確認できます。