《上嶋式3ステッププログラム》 ちょっとだけ内容教えちゃいます!

 

 

《上嶋式3ステッププログラム》の大雑把な内容

 

PDF P.157

 

「上嶋式3ステッププログラム」を簡単に説明すると、上嶋先生が41年間の間、教えた145000人の生徒が深く追及し、その成果を総決算したやり方だそうです。

 

背を高くするために重点を置き、41年かけた追究の成果とされるとどのようなやり方なのかと非常に心惹かれる内容です。

 

テキストのだいたいの傾向がどのテキストと同じように、最初に基本的な内容を覚える。

 

 

背が高くなる仕組みや反対に背を高くするのに支障をきたすこと等の内容を念入りに易しく説明しています。

 

その後は、自分のタイプ診断です。

 

物にはどれも合う合わないがあります。

 

当然、背を高くするための基礎運動も、人それぞれに適しているものを探すために、それを明らかにします。

 

最終段階で、実際に行います。
直接的な基礎運動を身につけていくという風になっています。

 

最終的にはヨガの基本、呼吸の仕方から実行まで全て書いてあります。

 

早速、テキストを見ながら目についたところを挙げていきましょう。

 

 

《上嶋式3ステッププログラム》の実際の評判&内容をちょっとだけ紹介

 

初めは背に関係する基本的な内容からです。

 

背の高さについて気になる方なら、絶対してみたことがあるくらい広く知れ渡っているだろう計算式…本当のところはまゆつばなんです!
計算式を紹介しますね。

 

♂の身長=(父の身長+母の身長+13)÷2+2

 

♀の身長=(父の身長+母の身長?13)÷2

 

 

自分も若い時頻繁に計算してました…。

 

好きな人の身長を入れて計算して将来の子供を想像する…なんて楽しい使い方も…とか気楽に言ってる場合じゃありませんよ!
私の場合、計算した結果に、相当ショックを受けた記憶があります(笑)。

 

 

とりわけ上嶋式の大事な箇所である、身体を動かす、眠り、食生活についてをきちんと把握します。

 

 

背を高くするために、特に大切な部位は骨端軟骨(骨端線)です。

 

ご存知の方も沢山いらっしゃるかもしれませんが、骨端軟骨は骨の先端にある軟骨です。

 

この骨端軟骨が無くなると、背が伸びなくなるとされています。

 

 

2章では、自分がどのタイプかを調べます。

 

 

これについては、血液型占いが必ずしも当たらないように、盲目的に思い込むこともないですが、41年の実績や経験もあるので、参考にできると思います。

 

 

ついに実践編が始まります。

 

人が生きていくのに必要なのは、ご飯や飲み物を飲むより前に、呼吸です。

 

何もかもの根底ですね。

 

 

呼吸の仕方をカンペキに習得したら、ヨガの実技に入ります。

 

 

残らず見せたいくらいですが、この部分が大事なところなので…購入してからのお楽しみということで…

 

しかし、全部見てみて最初に感じたのが、これならどんな人でもわかりやすいなー、でした。

 

ヨガと言いましても、プロがやるようなものではなく、大変でもないし、身体がカタくてもヨガ未経験でも難なくできるでしょう。

 

実践編も、モデルさんがやっている姿の例がありますから、とっても理解しやすくなっています。

 

日々、たった10分程度行うのみで背が高くなるなら、挑戦してみない手はないですよー!