骨盤のずれなどが、背が大きくなるのを邪魔しているの?

背を高くするためのやり方として、基本的には2種類に分かれます。
そのうちの1個は、骨を育てて背を高くするやり方です。

 

幼い子が年を重ねるたびに成長していくのは、骨が育つことにより、背丈に反応を引き起こされことが密接に関係しています。骨端線(骨同士を結ぶ役目がある軟骨)が育つことによって骨も育ち、そのことが背が高くなることへとつながっているのです。

 

ですが、この背が高くなる状況では、おおよその期間という制限が出てくるので、成長期が終わってしまえば、いつでもというわけにはいかなくなります。

 

軟骨が柔らかくなくなってしまった時期では、もう骨を育てることは難しくなります。その場合、もう一種類のやり方で背を高くするのが良いかもしれません。

 

そのやり方は、骨盤のずれ等の改善により、もともとの背丈の状態にするというものです。

 

骨盤のずれは、身体に多くのダメージを与えるとされていて、背を高くすることの邪魔になるということもそのうちに含まれます。

 

 

実際、成人してから骨盤の改善により、背が5センチも高くなったという話があり、そのようなことを聞くと、骨盤のずれは背に影響があると理解できますね。

 

骨盤のずれは、骨が育つのを邪魔することもあり、成長期に足の関節など様々な箇所が痛む成長痛に苦しむこともあるのですが、これらの成長痛は骨盤のずれなどが原因の場合があるそうです。

 

成長痛とは身体が育つために痛くなると思っている方もいると思いますが、身体が不安定で起こりうる可能性も大きいようです。

 

現実に成長痛を経験せずに背が高くなったり、他の身体の部分が育つ人もいるので、成長痛は必ずしも身体が大きくなっているからという考え方は 正しいとは言えません。

 

成長痛は、骨盤のずれにより身体が育とうとする働きを邪魔する状態でも起こりうるもので、育とうとする部分に圧力をかけてしまうと、成長が期待できない可能性もあります。

 

成長期に不安定な骨盤の改善をすると、身体に秘めている本当の成長する力を存分に働かせることができる期待が大きくなりますし、成長期が終わった成人が骨盤改善で、骨盤のずれを正しい形にし、身体が備えている背丈になれる見込みも高くなります。

 

以上に述べたように、骨盤のずれなどは背が高くなることを邪魔する原因ともなり、もともとの背より小さくなってしまうことにも繋がります。

 

 

背を存分に成長させたいと考えているのであれば、骨盤改善という切り口から考えてみることもおすすめします。