どんどん背が高くなるホルモンって?

“ホルモン”が背を高くするために深く関わりがあるって知っていますか?

 

ホルモンと聞くと、“成長ホルモン”を思い出す方もいるでしょう。“成長ホルモン”という名前からもまさに背と関わっているような気がしますよね?

 

事実、“成長ホルモン”というのは、背を高くすることとかなり関係しています。背を高くするために必要なホルモンは3種類あり、そのうちの1種なのです。

 

“成長ホルモン”の他に、背にとても関わってくるのは、“甲状腺ホルモン”“性ホルモン”で、このふたつと“成長ホルモン”が様々に入り組んで人の背は高くなるようです。

 

この3種類のホルモンを活性化させられると、背を高くするために有用なのです。そしてこのホルモンたちを活性化させるためにやはり大切なのが、日常生活です。

 

最初に“成長ホルモン”を活性化させたいなら、良質な眠りをとること!

 

“成長ホルモン”を活性化させる時間帯がぐっすり眠っている時なのですが、よい眠りをとればとるだけ、“成長ホルモン”は沢山出ます。

 

 

しかし小さい時から夜更かしをしていて、睡眠不足がくせになっているのなら、ちゃんと背が高くなれないという状態になってしまうので気をつけてください。

 

“成長ホルモン”は背を高くするために大切なホルモンの中で一番ライフスタイルが影響するホルモンであって、逆に言えば意識することにより活性化させることができる有り難いホルモンでもあります。

 

同様に“甲状腺ホルモン”は骨を育てるための手伝いに有用なホルモンであり、“甲状腺ホルモン”をきちんと送り出すことができれば、骨の流れが良くなり、次々と骨が作られていきます。

 

“性ホルモン”も同じく背を高くする効能があり、子供の背を高くしたいと思うなら、3種類のホルモンの活性化を促す方法を考えて日々過ごすことを気にしていくと効果的だと思います。

 

背を高くするのに必要な3種類のホルモンの特徴を理解することはすごく大事で、この先、背を高くすることを意識するなら必ず覚えておくべきことです。

 

背を高くするのに必要なのは眠りですが、何故そうなのかしっくりこないと思います。しかし、こんな風にホルモンのつながりと合わせて述べられると、背と日常生活との関わりに納得できるのでは、と思います。