遺伝と背の高さは関係ないの!?背を可能なだけ高くするやり方

背に関することでの問題や嫌な思いを経験した方が子供を産むと、子供も嫌な思いをしないだろうか…と不安になってしまうことがあります。

 

自身も背に関して苦労してきたので、勿論自分の子にはそんな辛い思いをさせたくない…と思いますよね。

 

子供が遺伝で小柄であれば、お父さんやお母さんは思いつめてしまうこともあるかもしれませんが、父母の背が子に関係するのはおおよそ25%ほどだそうです。

 

つまり、父母の背を25%くらいが子供に遺伝する割合なので、50%よりもっと少ないということですね。ということは…。

 

実際のところ、親御さんが小柄でも、すごく背が高い息子さんっていたりしますよね?

 

小柄をアピールしている芸能人のお子さんがモデルをしている…ということもあります。

 

つまり、自分が小さいから子孫を残してはいけないのかな?と思うことなどないのです!

 

そのうえ、小さいという劣等感に苦しんだ方々にとって喜ばしいのとは、背の高さを決める条件のだいたい75%、すなわち生まれつきなところ以外は後の成長過程での体験の割合が大きいとのこと。

 

ですから、出来る限り背を高くするよう促していけば、自分が苦しんだ劣等感を子供に味わわせることもないのです。

 

でも、栄養の点から見ると、今の食事は日本向きではないものになってきているので、保護者が相当注意しなければなりません。

 

一般的な食事だとバランスの良くないものになっている可能性が大きいので、意識的に背に効果的な補助食品等をとるように栄養を助けてあげることも必要でしょう。

 

父母の影響で子供も小柄になるのではと後ろ向きに考えるより、遺伝より他のところで背を高くするやり方を学び、明るく子供の背のことに正面から取り組んでみませんか?

 

親が生き生きしている方がお子さんもすくすく育つでしょう。