身長が高くなるからくり

背の高さを決定づける要素の75%は遺伝とは別であると判明しました。ですが、要素に関係のある内容を知らないと背を高くするためのお手伝いをどうしていいかわからないですよね?

 

背が高くなるのは骨が育っているからで、骨が育つとともに皮膚や筋肉も育つように人の身体はできています。

 

重ねて骨が育つためには、軟骨(骨を接続する役目があります)が育つことで生じ、その軟骨は“骨端線”と言います。

 

人は成長期に背が急激に伸びますが、この時期の背が高くなる分は骨端線のかたさがとても関わっているのです。

 

骨端線がしなやかで弾力がある時は、益々背が高くなり、成人して骨が育たなくなると骨端線もかたくなっています。

 

骨端線がかたくなると、骨も育たなくなり、そうなると背が高くなるのも止まってしまいます。

 

というわけで、背を高くするなら、この骨端線の育ちを活発にさせることが非常に重要になります。

 

背を高くするための過ごし方の条件で大切な点は、食生活・眠り・身体を動かすことですが、これらの要点は骨端線を育てるのに役立つ手立てとなるのです。

 

偏りのない食生活になるよう意識して、程よく身体を動かし、たっぷり眠ること。それらは我々が生きるうえでの基盤になっていますが、これらが背を高くするために一番大切なことだというのを覚えておいてくださいね。

 

仮に子供の背をちゃんと高くしたいと思うなら、日常の基盤の意識改革から行い、さらに別の技をプラスするお手伝いをするのが理想ですね。

 

近頃は、携帯やパソコンでのネットをすることが普通になってしまっているので、日常的に子供たちが外で身体を動かさなかったり、寝つけないという深刻な状態にはまりこんでしまうことも…。

 

それに加えて携帯などは目を疲れさせてしまい、それが原因で眠れないということもあるので、情報社会と接することについても一緒に解決していくことが子供の成長にとても必要なことになります。

 

しっかり食べ、充分眠り、沢山遊ぶ!とよく言いますが、当たり前のことのようでなかなか大変なことです。これらに真正面から向き合えるならより良い生活ができると思います。

 

これらのことをしっかり根拠にしてから、背に関することに取り組んでみたら良いのではないかと思います。