背を伸ばすのに良くない運動ってなに?

 

骨が育つのを活性化させるための運動を日々の暮らしに組み込むのなら、分かっておくと良いのが、骨を育てることの邪魔をしてしまう運動に関してのことです。

 

最初に、骨を育てるのを邪魔する運動に関して何がなんでも気をつけたいのが、過度な運動で自分の限界を試すような筋力訓練です。

 

骨を育てるには、ある一部分を意識的に強くする運動は適していません。筋力訓練はとりわけそこが際立って表面に出てきやすい運動です。
上半身のみ、下半身のみ鍛えるのでは、骨を育てるのに思うほど役には立ちませんので、全身隅々まで負荷がかかるような運動が良いのです。

 

一部分のみを過剰に強くする訓練と同様に、限界を超えてしまうような運動をして、その後にぐったりとしてしまうのであれば、過度な運動であることは明白です。

 

適切な運動は、ちょうど良い疲れと満ち足りた心地好さになるものですから、これを拠り所として、良い汗をかいたなと思う程度の軽い運動が良いと思います。

 

近頃は、スポーツジム等が身近になってきて、誰もが簡単にジムを利用できるようになっていますが、スポーツジムでの自分流に道具を使用した運動にも気をつけたいものです。

 

それを専門にしている指導者が管理してくれるようなちゃんとした方法なら問題ありませんが、我流で道具を利用した間違ったやり方では、骨が育つのを邪魔し、背が満足に高くならないという状況を引き起こす可能性もありますから、気をつけることが必要です。

 

 

激しい運動は骨の周囲の筋肉を損傷させたり、骨が育つのにとても大切な軟骨をも傷つけてしまうことがあるので、とりわけ骨の育ちが著しいとされる成長期に実行する運動については吟味することが大切です。

 

なんとしてもその競技をする必要がある選手が激しい鍛練に励むのは当然ですが、背を高くするためだけに間違った知識で激しい運動をして、背が高くなる邪魔をしてしまうことになっているのなら、それは全く意味のないことです。

 

骨が育つサポートとなり、背を高くするのに効果的な運動は、全身をくまなく反応させて、縦方向の刺激を骨に与えられるちょうど良い運動を行うことですから、これと対になる形の運動は骨と背には効果的にならないものだということを掴んでおくと良いと思います。

 

今まで述べたような知識を親御さんが理解し、お子さんが間違った運動をしているようであれば、教えてあげることが大切です。