背を高くするための施術【イリザロフ法】

 

成人してから背を高くするためのやり方としては、施術を利用するというものもあります。
その施術のうちの1つが【イリザロフ法】という骨延長手術です。

 

イリザロフ法とは、本来は骨折の処置のために作られた方法で、折れた骨を敏速にふさぎ、骨折による骨の変形を正しくするために利用された施術だったのです。

 

この方法で、特に病気ではなく、小さい背に関して美容として伸ばすために利用する時の施術が、美容整形といわれる領域でしばしば聞かれる【イリザロフ法】で、小さい背に対して使用するものです。

 

美容のためにイリザロフ法を利用する時に気をつける点としては、保険がきかないこと。他の部分の美容のための施術と同じです。

 

さらに処置に長い時間がかかり、金銭的や時間的に拘束されることが、とても不利な部分となります。

 

かつ、危険な部分について触れてみますと、感染症や合併症になる可能性があります。合併症は関節拘縮等で、状態が悪い時は後遺症に悩むこともあります。

 

イリザロフ法を利用するなら、関節拘縮になると思っておいても大袈裟ではなく、リハビリ期間を考えておくことも大切です。以上のことから気楽に受けられるものではなく、施術する以前にきちんと知識や理解がなくてはできない施術なのです。

 

一度で5センチくらいの骨を伸ばすことを目当てに施術するので、その後の状態などでかなり長い期間、望みの骨の長さになるまで拘束されることもあります。

 

器具を着けている間は、様々な状況で器具の影響があるので、身の回りのお世話をしてくれる人がいないと大変ですし、そのようなことからも社会人には環境的に難しい施術といえます。

 

さらに、希望するまで骨が長くなったとしても、その骨が強くなるまでは気を抜けず、日常生活に耐えられるくらいの骨にならないと骨折してしまうなどの心配な面が出てきます。

 

望んだ背をゲットできるのと引き換えに、多くの犠牲を伴う施術ですから、この方法で背を高くしたいと思うなら、きちんと施術に備えて、イリザロフ法に関して沢山情報を集めてから決断することが大切になってきます。

 

とにかく背を高くしたい、という欲望ばかりを考えがちですが、貴方にはそれに変わる代償を負う覚悟がありますか?
背が高くなるという言葉だけに惑わされ、施術に飛びつくのは如何なものかと思います。